小野寺市長(手前)に新シーズンの意気込みを語る横山(左)、小幡(左から2人目)ら=青森市役所本庁舎

 日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森の望月達也監督、MF小幡純平、GK横山卓司らが2日、青森市役所本庁舎を訪れ、小野寺晃彦市長に、間近に迫った新シーズンへの抱負を語った。新型コロナウイルスの影響でシーズンの日程は流動的な状況が続くが、選手たちは苦境を乗り越え、悲願のJ3昇格を誓った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)