青森地方気象台によると、3月の県内は23観測地点のうち18地点で月平均気温が観測史上最も高い値となるなど、記録的な暖かさとなった。低気圧の影響で降水量は多くなったが、気温が高かったため降雪量はかなり少なく、青森市の今冬の累計降雪量は観測史上最少となる見込み。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から