1日にオープンしたフラットアリーナ。一般営業は7日に始まる

 八戸駅西地区の市有地にゼビオホールディングスの中核企業「クロススポーツマーケティング」(東京)が整備した多目的アリーナ「フラットアリーナ」が1日オープンした。こけら落とし公演として1~6日に同アリーナを借り上げていたアイスショーが、新型コロナウイルスの影響で3月末に急きょ中止となったため、オープン記念イベントはなく、7日に一般営業を開始する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。