青森県五所川原保健所管内で確認された新型コロナウイルス感染者の電子カルテとみられる画像データが無料通信アプリLINE(ライン)で流出していることが31日、分かった。データには感染者の男子学生の行動歴などが記述されており、県が発表していない情報も含まれている。患者を診察した感染症指定医療機関などを運営するつがる西北五広域連合(広域連合長・佐々木孝昌五所川原市長)は取材に対し、この画像データが同医療機関のカルテであることを否定せず、「病院内で調査を進める」とした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。