試食会で提供したクマ肉カレー、クマ鍋、そばの実リゾットなど
西目屋村が商品化を目指し開発中のクマ肉料理などを試食する出席者ら

 青森県西目屋村は新たな特産品にしようと開発を進めているクマ肉料理などの試食・展示会を25日、同村の「道の駅津軽白神」で開いた。村内の集落営農組合と観光ガイド会、村議会などから23人を招き、クマ鍋やクマ肉カレー、そばの実リゾットなどを提供。クマ革製品などの展示も行い、アンケートを実施して反応を探った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。