青森県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)の策定に向け、県教育委員会は本年度、県内の高校生や保護者、学校関係者らに「高校教育に関する意識調査」を実施した。高校再編について「一定規模維持のため統廃合」を容認する人が全ての区分で14年度の前回調査より増加。ただ、高校生とその保護者、中学生の保護者の3区分では「小規模化してもできるだけ存続」が前回に引き続き、最も支持を集めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。