普段の週末はにぎわっているフードコートも客がまばら=29日午後3時ごろ、八戸市の「ラピア」

 青森県八戸市で県内初の新型コロナウイルス感染者が確認されてから30日で1週間を迎える。23日に2人、25日に4人、28日に1人の感染が判明し、感染者は1週間で7人となった。例年であれば新生活の準備で多くの客が買い物に訪れる年度末の週末。八戸市内の大型店では「市内で感染者が出てから客足が鈍っている」「客が2割減った」との声が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。