29日、フィリピンのマニラ国際空港の滑走路で炎上した小型機(ゲッティ=共同)
29日、フィリピンのマニラ国際空港で炎上した小型機の残骸(ロイター=共同)

 【マニラ共同】フィリピンのマニラ国際空港で29日、羽田行きの小型機が滑走路で炎上した。離陸直後だったとみられる。警察などによると、民間航空会社のチャーター機で、乗っていた8人全員が死亡した。地元メディアによると、医師や看護師、乗員のフィリピン人6人のほか、カナダ人と米国人各1人。カナダ人と米国人は患者と付き添いの関係。

 在フィリピン日本大使館によると、搭乗者に日本人が含まれているとの情報は入っていない。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、フィリピンでは主要な医療施設が新規患者の受け入れを停止しており、治療目的で日本に渡航しようとした可能性がある。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む