青森空港に到着し、消防車の放水アーチで歓迎を受ける神戸からの初便=29日午後1時すぎ
就航を祝いテープカットする関係者

 フジドリームエアラインズ(FDA)は29日、青森-神戸線の運航を始めた。青森空港を発着する同社の路線は、2011年開設の名古屋(小牧)線に次いで2路線目。だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で各航空会社は減便を続けており、同日の就航記念セレモニーでは、関係者が異口同音に「厳しい船出となった」と語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。