現在の旧南津軽郡役所の建物。黒石と青森市浪岡を結ぶ県道沿いの少し奥まった場所に立つ=16日、黒石市松原
解体された建物の一部が黒森山のスポーツ広場に移築され「森の家」となった=1986年ごろ
当時の旧南津軽郡役所の建物。旧黒石町庁舎として使われていたが、町村合併で黒石市庁舎に=1954年

 明治から大正へと時代が変わる百年余り前、「南津軽郡役所」として現在の青森県黒石市内に建てられた洋風建築が、2度の移築を経て今もその一部が同市内に立っている。現在は静かにたたずみ、建物の来歴を知らない市民も少なくないが、現所有者が温めている利活用の構想が実行されれば、大正、昭和を通じて黒石のシンボルだった洋館の風情を市民らが再び楽しめそう。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。