打撃練習する広島・会沢=マツダ

 広島の会沢翼捕手が29日、広島市のマツダスタジアムで行われた全体練習で精力的に動いた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「自粛ムードの中で練習をしていいのかという気持ちもあるけど、プロ野球選手である以上、4月24日に合わせないといけない葛藤がある」と吐露した。

 午前はグラウンドでノックや投内連係をこなし、午後は室内練習場で鍛えた。約2時間、ロングティーやフリー打撃などで打ち込んだ。

 キャンプさながらの激しい練習に「みんな去年の悔しさを忘れていないと思うし、やってやるんだというのが多いんじゃないかな。でも、不安も絶対にある」と複雑な胸中を明かした。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む