東北電力東通原発1号機を抱える青森県東通村は、2018年度の地方税収入が、ピークだった06年度より57%低い23億8千万円にとどまった。このうち固定資産税は同年度より63%減と大幅に縮小した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から