4月から共用開始となる新体育館「ひらかわドリームアリーナ」
バスケットボールコート2面分の広さのメインアリーナ。2階には約1100人分の観客席を設置
完成を祝い、テープカットを行う長尾市長(左から3人目)ら
駐車場の脇に設けた、非常用物資を保管する備蓄倉庫
ボルダリングが楽しめるキッズコーナー

 青森県平川市陸上競技場の隣に防災拠点を兼ねる新体育館「ひらかわドリームアリーナ」が完成した。館内に災害時に対応できる設備を整え、駐車場脇には非常用物資の備蓄倉庫を設けており、28日に開かれた完成式典で、関係者らが市民の安全を守り、スポーツ振興を支える施設の誕生を祝った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。