自転車の入荷遅れが出る中、店頭に並ぶ在庫品販売に力を入れる青森市内の自転車販売店

 新型コロナウイルス感染症の影響によって中国の自転車工場が操業を停止、輸出用商品の生産が滞り、青森県内の自転車販売店やホームセンターでも入荷の遅れが出ている。新生活の始まりや春のスポーツ需要で3~4月は書き入れ時。多くは在庫品の販売で対応しているが、品不足や外出自粛による客足減少で、3月の売り上げを大きく減らす見込みだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。