子ども弁当支援を今後も続けていきたいと話す「大盛りバカの店もりもり弁当」の店主佐藤さん
佐藤さんが2月末から始めた「子ども弁当支援」の唐揚げ弁当
チラシを手に子ども弁当を紹介するT’skitchenの大平店長

 新型コロナウイルスの感染防止で学校が臨時休校となり、子どもの食事を用意するのが大変な家庭の手間を軽減しようと、青森市内の弁当店やレストランが、子ども向け弁当を手頃な価格で販売している。店主らは「困っている人の役に立ちたい」「少しでも貢献できれば」と願っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。