弘前さくらまつりの公式応援キャラクター「桜ミク」。まつりは中止されたが、「101回目の桜」ネット配信などの各種事業で桜の季節に彩りを添える(Art by iXima(C)CFM)

 青森県弘前市の地元アイドルグループりんご娘のオリジナルソング「101回目の桜」の「初音ミク」バージョンが公開されることが決まった。4月上旬にも、インターネットサイト・ユーチューブにアップされる予定。弘前さくらまつりが新型コロナウイルス流行の影響で中止された沈滞ムードの中、世界的に人気のキャラクターと地元アイドルのコラボレーションによる「桜」が春に彩りを添える。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から