使用済燃料税条例案を賛成多数で可決したむつ市議会=27日午前

 使用済み核燃料へ新たに課税する「むつ市使用済燃料税条例」が27日に成立したことを受け、市は今後、創設に向けた総務大臣協議に入る。同意を得た後に、使用済み核燃料中間貯蔵施設(同市)に燃料が搬入される前の条例施行を目指す。総務省によると、地方税法に定めのない税目「法定外税」を青森県内市町村が制定した事例はなく、総務大臣の同意が得られれば初となる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から