土に建設用廃材などが含まれていないか確認する百条委のメンバー

 青森県大鰐町が町民農園の一部を入札を経ずに町内の男性に随意契約で売却しようとしていた問題で、男性が売買契約前に現地に盛った土に廃棄物が含まれているかどうかを調べるため、町議会の調査特別委員会(百条委)は26日、同農園で現地調査を行った。重機で9カ所を掘り起こした結果、土の一部にコンクリート片や鉄筋などの建設用廃材が混入していたものの「意図的に埋めたごみはない」との結論を出した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)