三戸中央病院は26日、定期受診してきた50代男性患者の腎臓がんを見落とす医療事故があったと明らかにした。男性の現在の症状は最も進行度が高いステージ4で、早期に発見していれば悪化を防げた可能性がある。病院は男性に損害賠償金1200万円を支払うことで和解。病院を運営する町は賠償金支払いに関する議案を同日の町議会定例会に提出し、原案通り可決された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)