まつり期間中はたくさんの露店でにぎわう弘前公園四の丸。出店に向け用意していた屋台の骨組みが残る=26日

 「しょうがない」「泣くしかない」。新型コロナウイルスの影響で弘前さくらまつりの中止が決まった26日、市内の商業関係者から経済的な打撃を嘆く声が上がった。昨年は全国から289万人を集めた市内最大のイベント。影響は広く及びそうだが、「例年にない静かな環境で桜を眺めたい」と前向きに気持ちを切り替える市民もいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。