青空の下、再建された社殿の一般公開に多くの市民が訪れた蕪嶋神社=26日午後、八戸市鮫町

 2015年11月の火災で社殿を焼失し、再建工事が進められてきた青森県八戸市鮫町の蕪嶋神社(野澤俊雄宮司)の新社殿が4年余りの歳月をかけ完成し、26日、例大祭が行われた。1年で最も重要な祭事である例大祭に合わせ、社殿内部での一般参拝も開始。春の訪れとともに飛来した無数のウミネコが飛び回る中、再建を待ちわびた多くの市民らが訪れ、同市のシンボルの復活を喜んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。