三沢市立三沢病院は26日、2018年4月に青森県南地方で初めて本格稼働した腹腔(ふくくう)鏡手術支援ロボット「ダビンチXi」を、20年度から子宮がんの摘出手術に導入すると発表した。6月までに5件の手術を実施する予定。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。