ノックを受けるオリックスの中川=京セラドーム

 オリックスは26日、本拠地の京セラドーム大阪で全体練習を行った。パ・リーグの練習試合は4月10日に再開予定。練習中心の鍛錬が続き、西村徳文監督は「選手は先が見えない」と思いやる。その上で「キャンプに入った頃の気持ちで、しっかりやってくれると思う」と成長を促した。

 定位置確保を狙う若手は、貪欲に技術向上に励む。新人だった昨季、111試合で打率2割8分8厘の好成績を残した中川圭太内野手は三塁のレギュラー定着へ「本来の開幕日より、さらにレベルアップできるように考えてやっている。基礎からちゃんとできるので、いい方向に考えている」と前向きだ。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む