「機会があれば一生懸命走りたい」「延期をプラスに」。東京五輪・パラリンピックの延期、目前に迫った聖火リレーの中止決定から一夜明けた25日、青森県内の聖火ランナーやコース沿線の自治体、競技関係者からは、五輪初の前代未聞の事態にも、前向きに受け止める声が目立った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)