八戸市の八戸タクシーは、市内で感染者が出る前から除菌や換気を徹底。一方、イベントや会合の中止に加え、出張や観光でタクシーを利用する人が減り「今後の見通しが立たない」と危機感を募らせている=25日午後

 新型コロナウイルス感染者6人が確認された青森県八戸市。25日までに、感染者の行動が少しずつ明らかになり、一部の事業者や公共施設は消毒などの対応に追われた。市内では感染予防に向けた動きが広がる一方、既に対策を講じている事業者からは「後は何をやればいいのか…」と戸惑いの声も漏れた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。