深刻な多忙化が問題となっている教員の長時間勤務是正に向け、青森県教育委員会は25日、「学校における働き方改革プラン」を策定した。新年度から2022年までの3年間で、時間外勤務(残業)の25%削減を目標に掲げた。今後、全市町村教委に同様の計画を策定するよう働き掛ける。同日の定例会で委員に報告した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から