2016年3月の北海道新幹線新青森-新函館北斗の開業から26日で4年を迎える。1年前に青函トンネル内の最高速度が160キロに引き上げられ、25日には全てのトンネル内で携帯電話の通信が可能となるなど利便性が向上した。一方、JR北海道は経営改善のため昨年10月に運賃を値上げしたため、青函の移動での新幹線離れを懸念する声も上がっている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)