青森県八戸市で新型コロナウイルス感染者が新たに4人確認されたことを受け、県と市は25日、濃厚接触者として同市在住の家族3人のPCR検査を行っていることを明らかにした。結果は26日にも判明する見込み。県は4人の行動歴について、スペイン旅行からの帰路に利用した東北新幹線などを公表したが、「いずれも人が密集したところに出入りしていないため、現時点ではクラスター(感染者集団)発生の可能性は低い」との見解を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。