青森商工会議所は25日、新型コロナウイルスが事業活動に与える影響について、青森市内の会員事業者を対象に実施した調査の結果を発表した。「既に影響がある」「今後影響が予想される」と回答した事業者が合わせて85.3%に上った。宿泊業と旅行業は100%に達し、旅客運送業と飲食業も8割を超える事業者に影響が出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。