三沢基地の滑走路を離陸し、百里基地に向かうF2戦闘機

 航空自衛隊三沢基地で約20年間にわたり、北の空を守ってきたF2戦闘機のうち、最後まで同基地に残っていた1機が25日、同基地から百里基地(茨城県)に移動した。他の機体は既に移動済みでこれにより、F2の三沢から青森県外基地への移転が完了した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。