手作りのこぎん刺しバッジを紹介する千葉さん
千葉さんが作ったこぎん刺しの「花粉症バッジ」

 新型コロナウイルスの影響で人前でくしゃみをするのがはばかられる中、青森県弘前市のこぎん作家・千葉麻美さん(42)が、花粉症患者であることを示すこぎん刺しのバッジを制作した。「花粉」の文字の下にスギの木をあしらったデザインで、「青森らしいバッジをつけて、少しでも気分が軽くなれば」との思いを込めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。