青森県内初の新型コロナウイルス感染者が2人確認された八戸市の経済界から24日、先行きを不安視する声が相次いだ。全国的な感染拡大で宿泊・飲食などを中心に宴会のキャンセルが続いていたが、お膝元での感染判明で経営が厳しさを増す可能性があり「経験のない大不況だ」と窮状を訴える声も聞かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。