安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京五輪の1年程度延期で合意した24日夜、県内の五輪関係者は当惑の一方、冷静な受け止めを見せるなど、さまざまな思いで状況を見つめた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。