県内初の新型コロナウイルス感染発表から一夜明け、マスク姿で中心街を歩く市民ら=24日午前8時41分、八戸市

 八戸市で青森県初の新型コロナウイルス感染者2人が確認されたのを受け、県と八戸市は、感染者と同じスペイン旅行に参加した三八地域の9人の追跡調査を継続した。23日時点で住所が特定できなかった人についても確認が取れ、24日午前までに全員と連絡が取れたことが新たに分かった。一方、感染確認から一夜が明けた24日午前、同市ではマスク姿の市民らが不安げな表情で職場に向かった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)