強風で剥がれた屋根を撤去する消防隊員=20日午前11時45分ごろ、八戸市内丸2丁目
強風で木が倒れた県道天ケ森三沢線の現場=同日午後1時半ごろ、三沢市谷地頭4丁目

 日本海で発達した低気圧が北日本に接近した影響で、20日の青森県内は各地で強風が吹き荒れ、八戸市は午前9時12分に最大瞬間風速43.4メートルを記録、同市の観測史上最大となった。県によると午後5時現在、けが人は2人でいずれも軽傷。各地で家屋の屋根が剥がれるなどの被害があった。列車の運休など交通機関も乱れた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。