日本原燃は19日、取締役会を開き、新会長に、14日付で電気事業連合会(電事連)会長に就任した九州電力社長の池辺和弘氏(62)を選任した。九電出身者が原燃会長を務めるのは初めて。原燃によると、池辺氏は2017年6月から1年間、原燃の社外取締役を務めたことがある。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)