青森県むつ市が導入を目指して手続きを進めている使用済み核燃料への新税課税を巡り、19日の県議会総務企画危機管理常任委員会で複数の委員が県側の見解をただした。委員からは、県が将来的に使用済み核燃料中間貯蔵施設(同市)を課税対象とする可能性を踏まえ、「県とむつ市は協議すべきだ」との意見が上がった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)