受賞を喜ぶりんご娘の(左から)ジョナゴールドさん、ときさん、王林さん、彩香さん=12日、都内(提供・リンゴミュージック)
「FOURs」を手に受賞を祝福する細川店長=12日、弘前市のバンダレコードさくら野弘前店

 青森県弘前市の地元アイドルりんご娘のアルバム「FOURs」が12日、全国のCDショップ店員の投票で選ばれる「CDショップ大賞2020」の地域ブロック賞「東北ブロック賞」を受賞した。デビュー20周年の節目での大きな賞に、メンバーの4人や地元は喜びに沸いている。

 同大賞は全日本CDショップ店員組合(東京)による実行委員会の主催で今年が12回目。メジャー、インディーズを問わず、CDを熟知する店員が自らお客さんに薦めたいと思う作品に投票する。大賞のほか、地方賞、各種部門賞などがある。

 「FOURs」は2019年3月に発売された3枚目のアルバム。シングル曲「101回目の桜」「JET GIRL/夏ノ蜜柑(みかん)」のほか、1625メートルの標高にちなみ令和元年6月25日に岩木山で行ったイベントの応援ソング「1625」、中三弘前店で撮影したミュージックビデオが話題を呼び動画再生回数27万回(12日現在)に上っている「Ringo disco」など、多彩な全10曲が収録されている。サウンドプロデュースは弘前市在住の音楽家多田慎也さん。

 12日に都内で予定していた授賞式はコロナウイルス流行の影響で見合わせとなり同日、代替として受賞記念番組の収録が行われ、りんご娘も出演した。18日午後7時から、動画サイトユーチューブで配信される予定。

 グループのリーダー王林さんは「記念すべき年に、東北の皆さんの応援のおかげで名誉ある賞を頂けたことを大変光栄に思います。これからも感謝を忘れず、たくさんの方に青森県や日本のローカルの潜在的魅力を伝えられるように頑張ります」とコメントした。

 バンダレコードさくら野弘前店の細川佳顕店長は「アルバムのクオリティーは高く、グループはファンを大切にしながら急激に成長しつつある」と地元の喜びを代弁。「小さい女の子など同性のファンが増えているのは、AKB48が大ブレークした時の状況によく似ている」と指摘している。