虹っ子ひろばで勉強する子にアドバイスするボランティアの組合員=6日
HLS弘前で「息抜きをしに親子で来てもらいたい」と語る辻さん(左)=6日

 新型コロナウイルスの感染拡大による小・中・高校の臨時休校を受け、青森県内では、事業所が子どもたちの居場所を確保する動きが出始めている。働く親たちにとっても、見守る人がいる場所に子どもを預けられるのは心強い。「安心」「勉強が進む」。親と子ども双方から歓迎の声が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。