青森県むつ市は2日、開会中の定例市議会に「市使用済燃料税条例」を創設する議案を追加提案した。同市の使用済み核燃料中間貯蔵施設に搬入、保管される核燃料に課税する。これまでの検討内容に加え、特定の場合に税を減免できる条項を設けた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。