補正書の提出時期について「3月中旬と考えている」と述べる増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は27日、青森市の青森地域共生本社で開いた定例会見で、六ケ所再処理工場の審査合格の基本資料となる「補正申請書」を3月中旬にも原子力規制委員会へ提出する意向を示した。これまでは「2月末」を目標に掲げていたが、内容に万全を期すため、半月程度、先送りした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)