新型コロナウイルスの感染拡大に懸念が広がる中、青森県内の県立・私立高校の卒業式が迫ってきている。各校は、在校生の出席見合わせや、卒業証書を受け取る人数を減らして式の時間短縮を図ることなどによって感染リスクをできるだけ抑えようと懸命だ。中には校歌を歌わない-と決めた学校もある。卒業式のピークは3月1日。例年とは異なる緊張感に満ちた準備が続く。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)