パネルに「まっしぐら」特A取得を祝う金色のシールを貼る三村知事(左)

 青森県産米「まっしぐら」が2019年産米の食味ランキングで初めて「特A」評価を受けた26日、県内の生産者などから驚きの声が上がった。業務用が中心で安価なまっしぐらよりも、食味重視で開発された県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」や「つがるロマン」の方が食味が優れているという共通認識があったため、関係者たちは想定外の高評価を喜んだ。一方、今後の取引価格への影響については、見方が分かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。