新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の下船者情報の公表を巡り、都道府県で対応が分かれている。26日現在、東北では秋田、宮城、福島の3県が県内在住者の人数などを発表しているが、青森県はいるかどうかを含めて公表していない。県は、下船者がいたとしても、国が自治体に要請している健康確認を行うだけ-と説明する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。