北九州市は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪に向けコロンビア代表が同市で予定していた卓球と体操の事前キャンプを中止したと明らかにした。28日からの日程だった。

 市によると、コロンビアのオリンピック委員会から26日朝、メールで中止するとの連絡があったという。同国政府が、日本からの渡航者には入国管理措置を実施するとしたことから、取りやめを決めたという。

 北九州市は同国のホストタウンで、7月にもトランポリンや競泳など10競技の事前キャンプが予定されている。市の担当者は「中止は残念だが、アスリートの健康を考えるとやむを得ない」と話している。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む