北海道は26日、新型コロナウイルス感染を25日に発表した上川地方の60代男性について、美瑛町の循環器内科の開業医だと明らかにした。23日に感染が判明した同町の消防士を診察していた。無症状で、今後入院する方針。

 また、釧路地方の70代男性は無職で、容体は人工呼吸器を装着しており「重篤」と説明した。基礎疾患があり、医療機関に入院中に発熱して肺炎を発症したため、道は院内感染について「可能性を調査する」としている。

 オホーツク地方の20代男性は会社員で、不特定多数と接触する仕事ではないとしている。

(共同通信社)