青森県五所川原市金木町出身の作家・太宰治ゆかりの地を走る「走れメロスマラソン」が今年5月の第9回大会で終了する見通しであることが25日、実行委員会事務局の市教育委員会への取材で分かった。太宰の生誕イベントとしての役割を終えたと判断したという。ただ、新型コロナウイルス肺炎の感染拡大を受け、第9回大会の中止を検討しており、昨年の第8回が最後の大会となる可能性もある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。