空気が乾燥しやすい春に行われた山火事防止パレード=2019年4月、弘前市

 2019年に青森県内で発生した山火事は43件で、前年(21件)より2倍に増えたことが25日、県のまとめで分かった。4月から5月にかけて降水量が平年より少なく、乾燥した天候が続いたことなどから火災が多発。過去5年間では、県南で不審火が続いた15年に次いで多かった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)