青森県教育委員会が25日発表した2020年度県立高校入試の出願状況で、全日制の倍率は前年度より0.02ポイント低い1.02倍となり、現行入試制度になった15年度以降で最も低かった。昨年12月時点の中学3年生の志望倍率からは0.02ポイント上昇した。生徒を募集する105学科・コースの4割に当たる43学科・コースで1倍を割った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。