ガリステごはんに舌鼓を打つ田子高校の生徒たち

 青森県田子町の田子ニンニク料理推進協議会(佐藤剛大会長)は17日、田子高校3年生を対象に、人気の新・ご当地グルメ「ガーリックステーキごはん(ガリステごはん)」の開発秘話などを明かす「ガリステ塾」を開いた。大学進学や就職で地元を離れる前に、町の食材をふんだんに使った料理の魅力を知り、誇りに思ってもらおうと企画。佐藤会長が営む「勇鮨」で開かれ、9人の生徒が受講した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。